【池袋 メンズエステ】 大どんでん返し!方言で責めてくる大和撫子は大胆極まりない!

2020/06/26 19:01:13 |  池袋駅 | コメント:0件
ikebukuro-menseste.jpg


どうもどうも、エステ大佐です。
もういくつ寝ると…♪
上半期も終わり、下半期に突入。
月日が経つのは早いものです。

新型コロナの影響でメンエスを思う存分楽しめていない人も多いのでは?
まぁ大佐もそのうちの一人ですが(汗)

さて今回はですね、タイトルの通りで見た目からは想像つかないギャップの嵐。
先の読めない展開尽くし、これにはもう感動と喜びに満ち溢れたわけですよ。

早速…

お店の場所は、池袋駅から徒歩10分圏内。
電話で誘導してもらいながらマンションに到着。

部屋番号を教えてもらって、玄関のインターホンを鳴らします♪


「お待ちしておりました(^ ^)」


電話予約の際に男性従業員から、「絶対に自信を持ってオススメできます」と言っていた通りのビジュアルをお持ちのセラピストが登場。

従業員さん、ありがとう\(^ω^)/

ロングでストレートの黒髪。
内面から滲み出ている育ちの良さそうな品格。
和服も似合いそうな容姿と立ち振る舞い。

ザ・やまとなでしこ!である♡

施術ルームに入って、自己紹介。
コースの確認もしてから前金をお支払い。


「お着替えのお手伝いを致しますね♡」

「えっ?良いんですの?(・_・;」

「はい、失礼しますね♡」


(*・・*)ポッ


「シャワールームにご案内します♪」


説明を受けて、もちろん一人でシャワー。
紙パンツは極小のTバックタイプ。

施術ルームに戻ります。


:(;゙゚’ω゚’):


その衣装に…なっちゃう…んです…ね…♡


「コースに含まれておりますので♡」


これはもう最高ですね(○゚ε^○)v ィェィ♪


「四つん這いになってください♡」

「いきなりですか?(・・;)」

「気分で流れを変えていまして、今は四つん這いから始めたい気分なんです♡」

「ほ、ほぉ…」


ドキドキしながら突き出すと、お尻にピターっと密着。
キワッキワを触れてるのか触れていないかの手つき。
ハープを奏でているかのようなタッチ。

もうハァハァしてきちゃった٩( ᐛ )و

一旦お尻から離れると、背中やデコルテを撫で回し。


「ご出身はこちらですか?」

「はい、お姉さんは?」

「私は福岡です♪」


博多美人(;∇;)


「あ、あの、博多弁で話してほしいです(>人<;)」

「良いですよ♪」


仰向けになるように言われて、股の間に着席。
片足を挟むように、両足でカニ挟み。

オイルを投入、どんどん投入!

足でヌルヌル、上半身も使って密着ヌリヌリ。


「気持ちーと?(*^_^*)」

「き、き、気持ひぃ〜と(;´д`)」


そこからいろいろ言われて…
ハァハァしながら答えて…

デコルテに手を置いて、ロデオがキター!

その動きはマズい。
オイル多めだから危険。

方言混じりの言葉攻めを受けつつ、
クルンと向きを変えて、逆向きロデオ。

これもこれで、良い眺めヾ(*ΦωΦ)ノ

そこから密着添い寝が始まり…


「お疲れ様でした♡」


着替えながら世間話をして、終了。


※結果
いや〜最高ですね。

勝手なイメージで申し訳ないが、お淑やかなイメージだったので、施術もソフトかなと思っていたら大違い。
全ての想定を裏切ってくる展開と責め。

施術の工程は少ないものの、一つ一つにかける時間が長いのも良いなと感じた。

あと方言での言葉責めもね♡

脳裏に残るほどの中毒性がある体験だった!

---------------------------------------------
※書かれている内容において、言葉の表現・施術内容・感想は個人的に体験したもの・感じたものであり、必ずしも同じ内容や感情にならない事はご理解ください。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する