スリル満点!隣に客がいるから声を押し殺して、ゴォォォォル!

2020/05/01 08:31:29 | ーーー裏話ーーー | コメント:0件
r18ura.gif


令和1周年記念日は、新型コロナで緊急事態宣言の真っ最中。
不要不急の外出は、STAY HOME おウチで過ごそう。
そんな中で迎えたGW(ゴールデンウィーク)。
うーん、この先一体どうなることやら…


さて久々の体験談は、少し前にチャイエスに行った時の出来事。

それは早速お店選びから始まった。

某ポータルサイトでエリアを絞り、口コミや掲示板を参考に数店舗をチョイス。
さらにホームページの見栄え、セラピスト写真の背景の統一感の有無。
基準は他にもあるのだが、条件がクリアしたお店をさらに絞った。

1店舗目に電話-


「はいお電話ありがとうございます」

「初めてなんですけど、今日はどの子がいますか?」

「◯◯◯ちゃんです」

「他には?」

「いないですよ」

「お休みなんですか?」

「国に帰っちゃいました」


残念なことに1人のみ。
しかも全く指名しようと思わないセラピストだけなのだ。
仕方がない、次。

2店舗目に電話-


「お電話ありがとうございます」

「今日営業していますか?」

「はい大丈夫です」

「出勤している子は誰ですか?」

「◯◯ちゃん、◯◯ちゃん、◯◯ちゃんです」


候補に入れていたセラピストの名前が入っていた。
しかもお客さんがいないから、そのまま来てくれて大丈夫とのこと。

よし決めた!そう思いながら早速向かった。

近くに着いてから電話で道案内、マンションに到着。
部屋番号を教えてもらい、エレベーターで上へ。
玄関のインターホンを鳴らしてみます。


「イラッシャイマセ」


店長らしき女性なのかは分からないが、見た目は若くて可愛らしい。
衣装は、胸元の開いたワンピース、しかもミニスカートときた。

入り口のソファーに座る目の前で、しゃがみながら説明を始めてきます。

めっちゃ丸見えやん!:(;゙゚'ω゚'):


「ナニチャンニシマスカ?」

「◯◯ちゃんお願いします」

「ゴメンナサイ、オキャクサンキマシタ」


うっそーん(;´д`)


「それなら、お姉さんは?」

「ワタシ?イイヨ」


良いんかぃ!( ̄▽ ̄;)

店長なのか、一セラピストなのか、謎だがまぁ良いか。
ってことで、指名して前金をお支払い。

店内へ案内されます。

施術ルームは、パーテーションで区切られた半個室タイプ。
扉のドアは無く、カーテンで開閉する仕様になっていた。


「センタイスルカラ、フクヌイデクダサイ」


服を脱ぎ始めても、立ち去ることなくその場で待機のセラピスト。
スッポンポンで丸見え寸前のところで、タオルを腰に巻いてもらいます。

羞恥心とドキドキに半○ッキ。

一緒に洗体ルームに移動します。


「ダイノウエデ、ウツブセニナッテクダサイ」


温かいシャワーをかけられてから、フワッフワの泡で上半身に投入。
ゴシゴシするわけでもなく、サワサワでもない。
泡を乗せてるだけと言ったら分かりやすいかもしれない。

下半身も終えると、ここで仰向け。

紙パンツは穿いていない為、スッポンポンで終始丸見えドッキドキ。

デコルテからゆっくり下半身へ。
キワッキワをサワサワっと…

クッチュ…クッチュ…

フニャフニャからの〜半○ッキからの〜フル◯ッキ!


「(*^_^*)」

「(;´д`)」


えっ、あっ、えっ…?

ちょっと…あの…


「ナガシマス」


早くね?
正味数秒ですけど(ーー;)

シャワーで泡を落としてもらいます。


「アトハオネガイシマス」


洗い残しがあるところを洗い、タオルを巻いて施術ルームに戻ります。

うつ伏せになると、タオルをかけて指圧から。
凝ってるところを聞かれたので、全体をお願いする事に。

ツボの場所、的を得ていて上手い!
しかし力加減は若干強めで痛い。

これが本場のエステなのか?!

なーんて思いながら、痛みと気持ち良さを体感中。

しばらくして、仰向け。


「チョットマッテネー」


セラピストは一旦退室。
戻ってきた手には、トイレットペーパー。

何プレイが始まるのか超ー謎(・_・;

しかし使う事なくオイルをデコルテに投入。
優しいフェザータッチ。
乳首をツンツン、サワサワ、コチョコチョコチョ。

ハァハァ…


「あの、そこはちょっとヤバいです(;´д`)」

「ダメネ、ココダメネ」

「オキャクサンイルネ、ダメネ」


ですよねー。
分かってますよー。

オイルで下半身のリンパを促してもらいます。
足元から徐々に上へ、キワッキワへ。
次第に超キワッキワに突入。

これもヤバい!
かなーりマズい!

頭じゃ分かっているけど、体は反応。

フル◯ッキ♡


「スコシダケヨ」


手を取ると、セラピスト自らのオッパイへと誘導してくるのである。

えっ!?えぇ!?ダメネダメネって言ってませんでした!?
まさかのまさかの展開にちょっと動揺、でも嬉しい動揺。

良いのか分からないけど、じゃあちょっとだけ失礼して。

服の上からモミモミモミモミ…

うわぁ〜めっちゃ柔らかい(〃ω〃)


「(o^^o)」


:(;゙゚’ω゚’):

さらにセラピストみずからポロリキター!
ちょっとサービス良すぎません?

ダメって言ったり、スコシダケって言ったり、
謎すぎて良く分かりませーん٩( ᐛ )و

でも一応ね、モミモミモミモミ…


「(*^b^) シーーッ!!」


クッチュクチュクチュクチュクチュ!

手がぁぁぁぁぁ(゚д゚)!

とここから、ゴールに向かって!
声を押し殺して、一直線!

ハァハァ…

トイレットペーパーのご登場( ̄▽ ̄;)

少々時間があった為、軽めのマッサージ。
シャワーを浴びて、終了。


※結果
予測不能の展開続きでしたが、妙に楽しかったです。

それから数週間後、行きたくなったのでHPを確認しましたが、
アクセスできず、直接行ってみたが看板も出ておらず、
閉店してしまった様子。

残念。

-------------------------------------------------------------

※書かれている内容において、言葉の表現・施術内容・感想は個人的に体験したもの・感じたものであり、必ずしも同じ内容や感情にならない事はご理解ください。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する