ポロリ全開でスッポンポン!そのままノンストップでラストまで…

kage

2017/05/10 (Wed)


ビジネスホテルに宿泊すると、出張マッサージの広告をよく目にします。

これってもしかして、若くて綺麗なお姉さんが来てくれて、あんなことやこんなことが…
そのままマッサージからの、まさかの展開?!

AVをよく見ているせいか、そんな淡い期待を抱いてしまった大佐であります。

宿泊先の夜は退屈だし、せっかくなのでお願いすることにしました。

希望の場合は、フロントに電話をかけるように書かれているので、フロントへ内線。

「女性がいいですか?男性がいいですか?」

迷う必要はないので、女性が良いと伝えます。

「何分コースにされますか?」

料金は比較的安いので、90分コースをお願いすることにしました。

「分かりました、十数分で到着すると思いますのでお待ちください」

若くて綺麗なお姉さんが登場して、密室で…
そんな妄想を抱きながら、パンツを脱いで全裸のままバスローブに着替えます。

少ししたところで、ドアをノックする音が聞こえます。

待ってましたー!
顔もわからない女性が登場するドキドキ…たまりません!
ワクワクしながら、扉を開けます!

「本日はよろしくお願いします」

お…

おば…

おばあちゃん…

「90分コースということで、よろしくお願いします」

「じゃあ早速、うつ伏せになってくださいね」

ガッカリしながらうつ伏せになると、バスローブのまま腰から背中へと指圧が始まります。

おばあちゃんとは思えないほどの力加減でちょっと痛い。
そして肩を思いっきり揉まれますが、これも痛い。

上半身が終わると、下半身へ。

太もも…そのままふくらはぎへ下がっていきます。
リンパを促してくれますが、もちろんこれも痛いです。

「気持ちよくなってくださいよ」

気持ちいいどころか、あまりにも力が強くて声が出ず…

「今度は仰向けになってください」

あの痛みがまだ続くのかと思うとちょっと辛い…
でも、おばあちゃんの好意を傷つけることは出来ず、我慢します。

今度は、足元から指圧が始まり、念入りにリンパを促してくれます。

我慢我慢…
痛いの我慢…

太ももから鼠蹊部へ移動すると、フェザータッチ!ではなく、体が揺れるほどに、揉んで押しての繰り返しの力強い指圧。

そんなおばあちゃんの施術にバスローブの紐が解けて、下半身全開!

ただいま、事故発生中!

それでも、痛さをこらえるのに必死の大佐です。

そのまま時間終了まで続きます…

「そろそろ時間になるので、以上になります」

ハァハァ…
ハァハァ…

「今日はありがとうございました」

「久しぶりに良いモノ見させてもらいましたよ」

見てたのかよ!
だからずっと鼠蹊部ばかりやってたのか?

まあいいけど…


※結果※
おばあちゃんにとっては、気持ちよくなってほしい!という願いを込めてるのかもしれないけど、施術の腕前は痛くて苦痛でしかなかったです。

それと…

ビジネスホテルと提携しているマッサージは、AVのようにはいかないもんですね…たまたまだったのかわからないけど。

もし若くて綺麗な女性が来たとしても、さすがに度が過ぎる行為はしませんけどね。

でも、良い経験ができました。


-------------------------------------------------------------

ジャンル :出張マッサージ
ルックス :おばあちゃん
施術度  :痛い
接客マナー:丁寧
紙パンツ :紙パンツ自体がない
料金   :良心的
再訪   :
-------------------------------------------------------------

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する