カテゴリ:ーーー裏話ーーー の記事リスト(エントリー順)

【秘】メンズエステで…出ちゃった・出しちゃった・イっちゃった〜!!!

kage

2017/12/22 (Fri)


※当店は風俗店ではありません。
いわゆる、抜きなしというのは言うまでもない。

しかし!

健全店、非風俗店と分かっていても、何か良いことがあるかもしれない…
そんな淡い期待を抱く人が多いのも現実。
どこのお店が、どのセラピストが…
それを見極めようと必死になっている!

もちろん、そうじゃない人もいる。
だから、お店の選び方は様々だ。
抜きあり、抜きなし、ルックス、料金、など…。

大佐のお店の選び方は…秘密_φ( ̄ー ̄ )

さて今回は、ごくごく普通の非風俗のメンズエステに突撃してきました!

利用方法、コース、セラピストさんなど、チェック。
確認してからお店に電話をかけると、女性従業員が対応。

それぞれ希望を伝えて、予約完了。

指定された場所は、高級なマンションタイプ。
伝えられた部屋番号を押して、インターホンを鳴らします。

「いらっしゃいませ」

美形でモデルのようなルックス!
体系もスリムで、ナイスボディー!
しかし衣装は露出少なめってところでした。

中に入ると、施術ルームは3部屋ほど。
広々としていて清潔感もあり、流れている音楽も癒し系で良い雰囲気です。

「本日は90分コースですね」

改めて自己紹介の挨拶をされて、前金を支払います。

「早速、服脱いでください」

まさかのまさか!
セラピストさんがいる前で脱ぎ脱ぎ…
タオルでアソコを隠してもらって全裸になります。

「ではうつ伏せになってください」

シャワーは無いようだ。
紙パンツも無いようだ。

それがこのお店のスタイルのようだ。

うつ伏せになると、オイルを使って足元からリンパを促してくれます。
両足が終わると、腰へ…そのまま背中から肩へ…

正直、気持ち良いとは程遠い。

「仰向けになってください」

デコルテから鼠蹊部へ、そのままディープリンパをキワキワ。
というのが経験上多い気がするが、ここは違った。

アソコに大量のオイルを垂らしてきます!

それだけでも感触的に最高の気分!

ドキドキ…

そしてキワキワをサワサワ…
入念にサワサワサワサワ…

ハァハァ…
ハァハァ…

気持ち良くなってきて、フル○ッキ…

紙パンツは穿いていないので、当然のごとくセラピストさんに丸見え!

恥ずかしい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

でもセラピストさんを見ると、フル○ッキに釘付け!

その直視にまた大興奮!( ;∀;)

すると、握り始めて…

クチュクチュクチュクチュ

超ー気持ちー!

ヤバい!

ハァハァ…
ハァハァ…

大佐、突撃寸前!

「まだダメ〜」

とここで寸止め…

(−_−;)

萎えかけたところで…

クチュクチュクチュクチュ

ハァハァ…
超ー気持ちー!
ハァハァ…

ヤバい!
ヤバい!

今度こそ本当にヤバい!

大佐、突撃!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「ホットタオルお持ちしますね」

綺麗に拭いてもらって、終了。


※結果※
綺麗で美人な女性と過ごせる時間は至福のひと時です。
それ以上に、気持ち良いことができる喜びは、言葉では表せられません。

施術はまぁまぁでしたが、仰向けからの展開は圧巻!
寸止め、絶妙なグリップ感、そしてスピード…
最高の90分でした!

ただ良かったけど、お店がすぐ無くなってしまったのは残念。
こういう展開になると、すぐ無くなるケースが多いのかな…
分からないけど。
たまたまかな。

何だか、お店がすぐ無くなってるところに行くことが多い気がするな…

-------------------------------------------------------------

ジャンル :日本人メンズエステ
ルックス :美形
施術度  :普通
接客マナー:優しい
紙パンツ :ない
料金   :コスパ以上
再訪   :お店がない

-------------------------------------------------------------

【怒】セラピストからチェンジされた【怒】

kage

2017/12/18 (Mon)


タイトルの通り、嘘のような本当の話だ。


今回もいつものようにお店選びをしていると、あるお店に目が留まった。

セラピストは日本人、見るからに綺麗な雰囲気。
料金は高くもなく安くもなく、相場に見合ったといったところ。
店舗型ではなく、マンションタイプ。

早速お店に電話をすると、女性従業員が対応。
希望のコース、セラピストさんを伝えて、予約完了。

目的のマンションへ到着、教えてもらった部屋番号を押してインターホンを鳴らします。

「いらっしゃいませ」

店長?と思われる女性従業員。
挨拶を交わして施術ルームへ案内されます。

「しばらくお待ちください」

待っていると…

「初めまして」

って、見たことある顔だ…

前に一度施術をしてもらったことがあって、良い印象はなかったから良く覚えている。
というのもその時の施術は、密着なし&キワキワなし&鼠蹊部なし…
なし尽くしで、全然面白くなかった。

でも、あれから時間も経っているし、施術も上手くなっているはず!

そう期待することにした。

セラピストさんも、こちらの顔を見た瞬間に何かを思い出したのか…

「ちょっと待っててくださいね」

しばらく待っていると、店長さん登場。

「申し訳ございません、ご指名いただいていたセラピストですが、他のお客様の予約が入っていたのを見落としておりまして…、申し訳ないのですが他のセラピストに変更させていただくことは可能でしょうか?こちら側のミスで誠に申し訳ございません」

はっ?何言ってんだ?
変更は無理って言ったらどうなるんだ?
意味がわからん、要するに嫌って事だろ!

そんな事言われて、そんな気分にさせられて、どんな気持ちで施術を受ければ良いのかわからない。

もういいや。
もうやめた。

店長さんは悪くないので、丁重にお断りをして、お店を出た…。


※結果※
掛け持ちをしていると、どこかで遭遇するってことですかね。

-------------------------------------------------------------

ジャンル :日本人メンズエステ
ルックス :…
施術度  :
接客マナー:
紙パンツ :
料金   :
再訪   :ない
-------------------------------------------------------------

エステで◯◯要求されてしまった、嘘のような本当の話…

kage

2017/10/27 (Fri)


全身の疲れをとりながら、悶絶以上のことをしたい!
ヌキたくてヌキたくて、仕方がない!

そう考えたら、答えは一つ。

性感・回春マッサージしかないですよね。

ホームページで検索していると、お店は選ぶほどたくさんありましたが…
あるお店に目が止まり、料金も比較的安く、女の子も若くて可愛い子が多そう!

ここにしよう!というわけで、用事の帰りに千葉県内にある、性感エステに行ってきました。

まぁこれがのちに散々な目に遭ってしまうのですが…

某駅に着いてから、お店に電話します。
コース、女の子を指名して、予約完了。

ホテルにチェックインをして部屋で待っていると、ドアをノックする音が聞こえます。

待ってましたー!
可愛い女の子とこれから楽しいひと時が待っている!
ワクワクしながら、扉を開けます!

「よろしくねー」

写真通り!
イメージ通り!
可愛らしい女の子です!

世間話をしながら、前金を支払います。

ただ、何この臭さ…
ニンニク臭が凄すぎる…
アルコールの臭いも酷すぎる…

くっせ〜〜!.°(ಗдಗ。)°.

「暇だったからラーメンと餃子食べてきたー」

「あと、ビールも数本飲んできたー」

って、食べたり飲んだりするのはいいけど…
事前に、口臭ケアぐらいしておきましょうよ。

開始早々、気分最悪…

「ねぇエステでいいの?」

何言ってんだ?(・_・;

「◯◯の方が一緒に気持ちよくなれるからしようよー」

大抵の人なら、ここでokサインを出すのかもしれない。
でも、あとあと揉め事は避けたい。
それに口臭プンプンの女の子とシタくはない。

丁重にお断りをして、マッサージをしてもらうようにお願いしました。

ここからは、全身をマッサージ。
酔ってるせいか、超ー雑。
ハッキリ言って全然気持ちよくない。

何とか最終的には、手コキでフィニッシュ!

時間は有り余っていたけど、早々と終わらせて、終了です。


※結果※
仕事中に飲まないでほしいです。
食事するなら、口臭ケアはしてほしいです。

まさか、女の子から◯◯求められるとも思わなかったし…
ここまで雑なマッサージをされるとも思わなくて、散々でした。

良い女の子はいるんだろうけど、次はあるかわからないです。

-------------------------------------------------------------

ジャンル :性感エステ・マッサージ
ルックス :ギャル
施術度  :微妙
接客マナー:雑
紙パンツ :紙パンツ自体がない
料金   :うーん
再訪   :わからない
-------------------------------------------------------------

紙パンツは穿かなくてもok?!何でもアリでフィニッシュまで…

kage

2017/07/21 (Fri)


当店は風俗店ではありません。

この言葉=抜きナシと解釈するのが普通である。


今回は、初めてのアジアンエステに行った時の出来事。
今からさかのぼること数年前。

ホームページで色々探していると、可愛いセラピストさんが多く在籍しているお店を発見!

セラピストさん、コース、料金を伝えて予約。

山手線沿線の某駅に降り立ち、駅から歩くこと数分。
とある雑居ビルに到着。

インターホンを鳴らして入ります。

「イラッシャイマセー」

受付の女性従業員が対応。

ここで前金を支払います。

確か…100分15,000円ぐらいだった記憶。

ソファーで待っていると、指名したセラピストさんが登場!

「ハジメマシテー」

ホームページ通りの綺麗なセラピストさん。
服装は、露出が少なめだったような記憶があります。

奥に案内されると、パーテーションで区切られた施術ルームがいくつかあるタイプ。

カーテンを開けて中に入ります。

「シャワーイクカラゼンブヌイデ」

その場で脱ぎます…
スッポンポンで丸見えになっても目を背ける様子はなく、そのまま下半身にタオルを巻いてくれます。

そして一緒にシャワールームへ。

シャワーを浴びて、施術ルームに戻ります。

「カミパンツハイテネ」

「紙パンツ穿かなきゃいけないんですか?」
「こういうの苦手なんですけど…」

と言ってみた。

「ベツニイイヨ」

いいんかぃ!

と、そのまま施術が始まります。

うつ伏せになって、下半身から上半身へ指圧。
仰向けになって、同じように下半身から上半身へ指圧。

「オイルシマスヨ」

下半身からオイルで丁寧に揉みほぐしてくれます。

太もも…鼠蹊部…デコルテへ。

オイルって超気持ちー!

と初めての体験で感動中!

「ナイショナイショ」

と、大佐のアレにオイルをつけて、触ってきます。

ハァハァ…
ハァハァ…

そもそも、いいの?
疑問に思いながらも、さらにオイルを加えてきます。

コントロール出来ずに、フル○ッキ…

クチュクチュクチュクチュ

超ー高速で動かしてきます!

クチュクチュクチュクチュ

ヤバい!
ヤバい!

超ー気持ちー!

大佐!
別の意味で、いざ突撃!!

ハァハァ…
ハァハァ…

「ナイショナイショ」

いやいやいや!
クチュクチュ音が鳴ってるし!
ナイショどころか、絶対に他の部屋に聞こえてるでしょコレ!

と、シャワーを浴びて、終了!


※結果※
人生初めてのアジアンエステ。

紙パンツという概念すら知らなかった大佐でしたが、断ってみると、オッケーが出てビックリ。
しかも、何も要求していないのに、クチュクチュ始めるという展開。

今思えば、凄かったな…としか思えない。

結果、人生初のエステでこういう体験をしてしまったから、アジアンエステに毎週行くようになってしまったんだけどね。

一応、誤解を招くといけないので…
アジアンエステが全てこういうお店だけとは限らず、
健全店でしっかり施術をして終わりというお店がほとんどです。

何はともあれ、いろんなお店があって面白いですね。

いい経験でした!

-------------------------------------------------------------

ジャンル :アジアンエステ
ルックス :可愛い顔立ち
施術度  :しっかり出来ていた気がする
接客マナー:日本語上手
紙パンツ :紙パンツは穿いても穿かなくても自由
料金   :今思えば普通
再訪   :お店はもう無くなってます

-------------------------------------------------------------

わざと客引きに引っかかってみた

kage

2017/06/09 (Fri)


陽が沈み、深夜になると現れてくる、外国人のマッサージの客引き。
公道での呼び込みは違法とはいえ、酔ったサラリーマンやお兄さんに声をかけてくる光景は、今でもよく見かけます。

そしてそして…
さかのぼること数年前。

ヌキナシのアジアンエステに行った際、終電を逃して帰れなくなった大佐は、繁華街をウロウロ…

すると前方には、あちらこちらに外国人のお姉さんがコチラを見ているではないか。

絶対に話しかけてくるな…
そう思いながら歩いていくと、案の定、声をかけられます。

「オニイサン、マッサージ…」

客引き=ぼったくりor怪しい

そういうイメージが定着してはいたものの、好奇心と興味本位で、話してみることにしました。

「行ってもいいけど、帰れないから朝まで寝かせてくれるならいいよ?」

「イイヨイイヨ、ネテイイヨ、オキャクサンキタラ、カエッテネ」

それはそれで仕方がないから納得。

料金は、20分、3000円ぐらいだったような…

それぐらいなら!ということで、承諾!

腕を組まれて、路地裏へ…
怪しげな建物に連れて行かれます。

店内は、簡易的なパーテーションで区切られていて、カーテンを開けて入ると、台の上に寝るように言われます。

「ハジメマスヨ」

うつ伏せに寝ると、タオルの上から指圧が始まります。

片手で押してるだけで、全然気持ちよくない!

超ーテキトー!

両足が終わると…

「オニイサン、ドウスル?」

「手、3000」

「口、5000」

なるほどね!
そういうことか!
追加料金を取るわけ!

タケノコ剥ぎってやつですかね。

となれば、お断り。

すると、どこかへ行ってしまいました。

帰らされるのか…それとも何か良からぬことが起こるのか…

とりあえずベッドで寝ながら、考えていると…

男の声…

大佐と同じように、連れてこられた男性のようです。

耳を澄ましていると、同じようにお金の話になっている…

「オニイサン、スル?シナイ?」

でも払っている様子はない。

そりゃそうだ!
マッサージ全然やってないし!
それに全然興奮すらしてこないし!

他の客引きがどうだか知らないけど、結局こういうことか…
と、ある意味、良い体験ができて勉強になりました。

コワイオニイサンが出てきたり…
多額の請求されたりしなかっただけ良かった。

気をつけよ。